あなたも予備軍かも?睡眠障害チェック診断

眠れないばかりが障害ではないのです

不眠というとどんな症状を思い浮かべますか。一番多いのは寝付けなかったり眠れなかったりといったことでしょう。これは一般的に不眠症と言われていて、日本人の約20%が経験しているとも言われています。

一方で夜きちんと眠っているのにもかかわらず、日中に強い眠気に襲われる過眠症といった症状もあります。仕事や学業にも支障をきたすほどのこともあり、まわりに理解されにくい厄介な病気です。他にも昼夜逆転してしまったり、睡眠中に呼吸が止まってしまったり、足に何とも言えない不快感がはしり眠ることが出来ないといった症状が出る人もいます。

このようにひとことで睡眠障害と言っても数多くの症状が報告されています。 眠れない症状を改善するために、サプリメントや市販されている睡眠薬または深酒といった対処法を実践している人は多くいます。しかしまずは自分がどのような不眠の種類なのかを知ることが大切です。病

院に行き診断を受けることが一番いいのですが、時間が取れなかったり病院へ行くことに抵抗があったりする場合は自分でチェックすることも可能です。インターネット上にはどのような不眠のタイプなのか、調べることが出来るチェックシートが用意されています。

チェックシートではレベルも測れる

30問ほどの質問に答えることでどの不眠タイプかを見極めることができるチェックシートは、さらに今現状の不眠レベルを調べることが出来るようにもなっています。すぐに医師に相談した方がいいレベルなのか、少し様子を見てもいいレベルなのかを判断することも可能です。

もし少し様子を見てもいいレベルなのであればサプリメントなどを利用することもおすすめです。 サプリメントは栄養補助食品であるために病気を治すことは出来ません。しかし気になる眠りについての悩みを改善できる可能性はあります。アミノ酸の中には睡眠の質を改善する働きを持った成分があるということが分かっています。

こうした成分は日々の食事から摂ることが望ましいのですが、なかなかバランスよく栄養素を摂ることは難しいでしょう。仕事などで不規則な日常となる人も少なくありません。そうしたときに睡眠に効果のあるサプリメントを取り入れることで、深刻な症状となる前に手を打つことが出来るかもしれないのです。

不眠の改善はなるべく早く対策を打つことが効果的です。自分が睡眠障害予備軍がどうかを知るためにもセルフチェックを有効に使用してみるといいでしょう。

参考サイトはこちら⇒ ネムクルの睡眠サプリランキング